motolab

XTZ125でスクランブラーカスタム

XTZ125 カスタム スクランブラー

2008年頃まではヤマハ・ブラジルで生産されていたXTZ125。
125ccながら250ccのオフロード車と大きさがほとんど変わらないフルサイズの車体が魅力の原付2種バイクで、現在でも、中国に生産は移っていますが、逆輸入車を新車で買うことができます。
XTZ125E
(出典:presto-corp.jp)

そんなXTZ125を、元々の製造地であるブラジルのショップ「Bendita Macchina」がスクランブラースタイルにカスタムしていました。


元々がオフロードバイクなので、スクランブラーというよりヴィンテージモトクロッサーと言うほうが正しそう。
スカチューンにリアフレームのループ加工、タンクのスワップとタックロールシートにビンテージスタイルのヘッドライト。マフラー、スピードメーター、ハンドルとあらかた変わってます。使用しているパーツの詳細が分からないのが残念です。
これはかっこいい。

他にも、



トラッカーなXTZ125も。


海外のフォーラムではセローをスクランブラーにカスタムしているものがあったり、オフロード車をネオクラシックにカスタムしている車両がいろいろ見つかります。ただセローは純正のかたちをなるべく崩したくないというか、ちょっともったいない気がしますね。となるとトリッカーTY-Sもありかも。この2つと比べても車体価格がぜんぜん安いXTZ125。カスタムベースとして新たな魅力が生まれそうです。



ビンテージスタイルリブヘッドライト

アルミキャストボディのオールド感漂うヘッドライト

PickUp