motolab

YAMAHA SR400 スクランブラー by Palhegyi Design

YAMAHA SR400 スクランブラー

SRのルーツとなった4ストローク・500cc・単気筒エンジンを搭載したエンデューロマシン「TT500」。
TT500開発時に想定されたもっともポピュラーな使われ方は、「カリフォルニアの砂漠を突っ走ること」だったそうです。



1976 Yamaha TT500

そのTT500をモチーフにしたSR400のスクランブラーカスタムを作ったのは、南カリフォルニアのPalhegyi Design。



レトロなペイントと「TT」ロゴをあしらったタンク、リアループフレームにフラットベンチシート、サイドパネル風カバー、細いアップポジションマフラー。
MXハンドル、アップフェンダー、スキッドプレートがスクランブラーの雰囲気を盛り上げます。


1976 Yamaha TT500

使用されているパーツは、

Race TechのG3-Sリアショック
RacetechのG3-Sリアショック
(出典:racetech.com)

Heidenau K60 Scout

(出典:heidenautires.com)

ODIのMXハンドルバー
ODIのMXハンドルバー
(出典:odigrips.com)

KOSOのスピードメーター
KOSO スピードメーター
(出典:koso.com.tw)



ベーツタイプのヘッドライト
Omega Racerのアルミスイングアーム
Omega Racerのアルミスイングアーム
(出典:omegaracer.com)


往年の名車をモチーフにしたヘリテイジスタイルのスクランブラーカスタム。2015年モデルのSR400をベースに8日間で製作したそうです。シンプル&クリーンに纏められて、そのスタイルの完成度の高さから、Bike Exifの年間ベスト10にも選ばれています。


出典:
Palhegyi Design「公式サイト
BikeExif「2015 YAMAHA SR400 BY PALHEGYI DESIGN