motolab

SCR950の新たな魅力!! スクランブラーからスーパーフーリガンレーサーへ

SCR950 スーパーフーリガンレーサー ダートトラッカー

スーパーフーリガンレース

アメリカで1930年代に始まったダートトラック(フラットトラック)レース。平らなオーバルトラック(楕円に近いサーキット)を左回りに周回する(20~25ラップ)シンプルにスピードとスリルを味わうレースです。

@leepol59がシェアした投稿

ダートトラック(フラットトラック)は、映画「On Any Sunday(邦題:栄光のライダー)」が公開されたあと急速に人気が高まります。ショートトラック(約400m)のオーバルコースはアメリカ中にあり、昔は草レースも盛んだったそうです。なかでも市販車ベースのダートトラック(フラットトラック)マシンで競うフーリガンレースが人気です。ただ近年のプロレースはちょっと寂しい感じになっていたそうです。

スーパーフーリガンは、2015年にローランド・サンズ・デザインがイベントに合わせて開催した、750cc以上、ツインエンジンの市販車ベースで行なうショートトラックのフーリガンレースがはじまり。最初はプロモーションのためのワンタイムのイベントだったようですが、いくつかのショーでスーパーフーリガンレースを続け、今年シリーズ化。(詳しい内容はこちらのルールブックを)
ショートトラックレースなのでレザースーツではなく、MX(モトクロス)ウェアにMX用ヘルメットを着用してレースします。


そんな「スーパーフーリガン」に出場するためにアメリカの老舗モトニュースメディア「Cycle News」が依頼して製作されたのがこちらのSCR950。

Cycle Newsさん(@cyclenews)がシェアした投稿


SCR950 スーパーフーリガンレーサー by Jeff Palhegyi Designs

製作したのはアメリカのJeff Palhegyi Designs。最近もXSR900のフルカウルレーサーで話題を集めたビルダーです。以前にもMT-07やBoltでフラットトラッカーカスタムを手がけています。


https://motolab.jp/www/2017/09/24/xsr900%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0/


スクランブラーから重量級フラットトラッカーへ


カスタム内容は、リアの19インチ化とベルトドライブからチェーンドライブへの変更。フラットトラッカーなワンオフテールカウルにシート。Renthal(レンサル)のハンドルバー。

Sun Rimsのアルミリム

Sun Rimsのアルミリム
(出典:buchananspokes.com)
フラットトラックナンバープレート

フラットトラックプレート
(出典:flattrackstore.com)

DUNLOP DT3
ダートトラックコンペティションタイヤ
Dunlop DT3
(出典:dunlopracing.com)

K&Nのエアフィルター
K&Nのエアフィルター
(出典:knfilters.com)

Two Brothers Racingのマフラー
Two Brothers Racingのフルエキゾーストマフラー
(出典:twobros.com)


Super Hooligan style on the Yamaha SCR950! @motobeachclassic #Yamaha #SCR950 #SuperHooligan #Moto #HB #FasterSons 📷 @ignacio_images

YamahaMotorUSAさん(@yamahamotorusa)がシェアした投稿 –


Cycle Newsさん(@cyclenews)がシェアした投稿



ヘビー級バイクがぶつかり合う大迫力のレース。この中でSCR950が1番デカいバイクだそうです。このSCR950カスタム、フラットトラックレーサーのベースとして新たな魅力が引き出されてます。


出典:CycleNews「Yamaha SCR950 Super Hooligan Racer